男性が原因の不妊と対策|頼りある産婦人科を見つける方法|多くの人から選ばれている先生

頼りある産婦人科を見つける方法|多くの人から選ばれている先生

男性が原因の不妊と対策

診断

どういったものか

男性不妊とは男性側に原因がある不妊症です。男性不妊には精液中に含まれる精子の数が極端に少ない・あるいはそもそも精子がいないケース、精子はいるが奇形が多く、健康な精子がいないと言うケース、精子が活発に遊泳していないケースなどがあります。健康で活発に活動する精子が一定数いないと相手を妊娠させることは難しくなります。不妊と言うと女性側に問題があると言われたりもしますが、実際には半分ぐらいは男性側に不妊の原因があるとされています。男性不妊は自然妊娠をさせにくいケースから自然妊娠は絶望的というケースまでその度合いは様々です。そのため、対処法もその状態に応じてタイミング方から人工授精や顕微鏡授精までいくつもあります。

自分がなったらどうする

男性不妊が明らかになったら、まず、奥さんにはそのことをしっかり伝えなければなりません。男性不妊が原因でも、妊娠を目指すのであれば奥さんの協力が不可欠だからです。そして、残念なことに、奥さんのほうが負担は大きいのです。男性不妊なので奥さんは健康で、卵子も問題ないということは十分にありえます。精子がそもそも無い場合を除けば、人工授精により子供を授かる希望はあります。ただし、人工授精は採卵など女性側にも肉体的・精神的負担があることを理解しておく必要があります。また、再生医療の発展は、将来造精機能を失った人に福音をもたらす可能性があります。ですから男性不妊と診断されたからと言ってすぐに子供をあきらめる必要はありません。よく中身を精査してから判断しましょう。軽度のものであれば、タイミング方などお金の掛からない方法も十分に対応できるかもしれません。