夫婦で話し合うことが大切|頼りある産婦人科を見つける方法|多くの人から選ばれている先生

頼りある産婦人科を見つける方法|多くの人から選ばれている先生

夫婦で話し合うことが大切

診察

ストレスに感じる時は

医学の面では2年間赤ちゃんを授かりたいと思い、試みてもうまく授かることができないと不妊であるとされています。不妊になる原因にはさまざまなものがあります。赤ちゃんを授かることができないと多くの方が女性に問題があるのではないかと思う傾向がありますが、そうではありません。女性に原因がある場合と男性に原因がある場合があり、それは半々です。また病院で調べてみても原因が不明なことが多くあります。不妊の治療を行なっていく場合には、通院の頻度などで女性に負担がかかる場合がありますが、妊娠は男女が揃って初めて成立するものなので不妊の治療も気持ちの上では男女揃って行うものです。また、夫婦間でどちらかのせいにしたりするのは、大きなストレスとなり妊娠を遠ざけるものになってしまうので不妊の治療でストレスを感じすぎる時は治療を一度見直すことが大切です。

夫婦間での話し合いは大切

不妊の治療では体に原因となる問題がある場合は、その部分の治療から行なっていきます。その後は精子と卵子が出会えるようにタイミングを合わせる治療を行います。それでもなかなかうまくいかない時は、人工受精や体外受精と少しずつ治療のステップアップをしながら行なっていきます。自治体からの補助金が出る制度などもありますが、人工受精や体外受精はやはりお金がかかるものです。治療はいつまで行い、金額はいくらまで出すことができるのか、治療を始める前に夫婦間で話し合いをして決めておくことが大切です。決めておかなければ、病院からどんどん治療を勧められ、引き際が分からなくなることがあるので注意が必要です。また治療と並行して生活習慣などの見直しなどを行うことも妊娠への近道になります。