効率よく摂取しよう|頼りある産婦人科を見つける方法|多くの人から選ばれている先生

頼りある産婦人科を見つける方法|多くの人から選ばれている先生

効率よく摂取しよう

聴診器

妊婦になるとその期間中、自分が食事から得た栄養素を、お腹の中の胎児にも分け与えることになります。そのため、普段よりも多く栄養を摂取することになり、それを継続していかなければなりません。ここで不足しやすくなる栄養素として、カルシウムが挙げられ、妊婦の骨粗しょう症などの防止のみならず、胎児の発育にも非常に重要です。カルシウムは普段からでも不足しがちな栄養素として知られるので、特に妊婦は意識して摂取する必要があるでしょう。目安としては、成人が普通の生活において必要なカルシウムの摂取量である650mgの、1.5倍くらいを摂取することが望ましいといえます。ただし、過剰摂取には気を付けるようにしましょう。

妊婦はカルシウムを積極的に摂取することが大切ですが、普段でも不足しがちなカルシウムを、それよりも多く毎日継続して摂取することは大変なことです。しかも、食事によって摂取するカルシウムの100%を体へ吸収させることはできないので、普段通りの食事で補うことは難しいです。そこで、カルシウムを摂取する際には、同時にビタミンDやリンといったカルシウムの吸収を促す栄養素を摂取すると効果的です。また、食材の栄養素を無駄にしないために、食材をまるごと使った煮物やスープにするなどの料理方法を意識してみましょう。妊婦用のレシピが記載された情報を、ネットや書籍などから得ることも大切です。つわりなどの体調不良で食事が困難な場合には、サプリメントを用いることも効果的です。最近では、吸収率を高めたものや妊婦向けの物など、様々なサプリメントが販売されているので、医師や薬剤師などと相談しながら、積極的に活用してみましょう。